【SIMフリー端末対応格安SIMカードランキング】おすすめはこれだ!

2015年5月からSIMロック解除が義務づけられたことで、SIMフリー端末を利用する方も大幅に増えてきています。それにより格安SIMの普及はますます加速しています。キャリアだと月1万円あるいはそれ以上もかかる通信料が、今までの半分以下で利用できるのであれば、それも当然といえるでしょう。

 

現在数多くの格安スマホが提供されており、どれが良いのかなかなか決められないという方もいるのではないでしょうか。最も人気を集めているSIMカードは「UQ mobile」、「OCNモバイルONE」、「DMM mobile UQ」の三つです。データ通信・音声通話ともに、基本プランだけでも非常に充実しており、高い評価を得ていることは間違いありません。

 

データプラン(3G)

 

月額料金

最大

通信速度

無料オプション

使用回線

初期費用

UQ mobile

980円

150Mbps

SMS

テザリング

au

3000円

OCNモバイルONE

1100円

150Mbps

なし

docomo

3000円

DMM mobile

850円

225Mbps

なし

docomo

3000円

 

音声通話プラン(3G)

 

月額料金

通話料金

無料オプション

最低

利用期間

契約解除料金

UQ mobile

1680円

20円/30秒

SMS

テザリング

着信転送

割込通話

番号通知リクエスト

12カ月

9500円

OCNモバイルONE

1800円

(データプラン+700円)

20円/30秒

050 plus利用時

国内:8円/3分

海外:16円/1分

050 plus

転送電話

迷惑電話

遠隔操作

着信通知

6カ月

8000円

DMM mobile

1550円

20円/30秒

SMS

12カ月

9000円

※料金はすべて税抜きです。
※使用回線と初期費用はデータ・音声プラン共通です。

 

 

UQ mobileがNo.1たる理由

UQ mobileは、KDDIバリューイネイブラーのサービスで、利用者のスタイルに合わせた4つのプランを提供しています。月3Gまたは無制限プランの中からさらにデータ通信のみか音声通話付きかを選ぶことができます。値段だけで比較すると取り立てて安いようには見えませんが、最初からいくつかのサービスが付加されているので、オプションとして追加しなければならないタイプの格安SIMに比べるとコストパフォーマンスは段違いです。何よりauの規格に対応している数少ないSIMなので、auユーザーがMVNOに乗り換えるならUQ mobileが最適です。

 

広いエリアと高速通信
800Mhzプラチナバンドのエリアカバー率が99%と日本のほぼ全域を網羅しているので、使えないところがほとんどないという大きなメリットがあります。つまり4G LTE対応の携帯電話やスマートフォンなら、ほぼ快適に利用できるということです。また通信速度も速く、3Gプランであれば最大150Mbps、無制限プランなら最大500Kbpsとなっています。比較すると無制限プランは少し遅くなってしまいますが、動画や重いサイトを見るとき以外支障はほとんど出ないようです。

 

最初からついてるSMSとテザリング
他社ならオプションとして追加しなければならないSMSとテザリングが、すでにプランに組み込まれています。SMSは月200通までという制限はあるものの、国内だけでなく海外にも送信できます。送信料は国内なら3円、国際・海外なら100円かかりますが、受信は無料です。テザリングはWi-Fi、Bluetooth、USBの三つのタイプがあり、ネット通信が可能な端末とスマートフォンをつなぐだけで利用できます。

 

安心サポート、うれしいサービス
UQ mobileでは各種サポートも提供しており、使用のノウハウやセキュリティー面での不安も解消してくれます。ウイルスバスターは月額290円で利用可能でウイルス、WEB、迷惑SMS・着信、盗難・紛失対策などを備えています。ご自宅訪問サポートは、利用者の自宅でスマートフォンの初期設定や操作方法をレクチャーしてくれるサービスです。30分で6500円かかりますが、電子機器に弱い方には心強いサービスです。

 

UQ mobileの強みは分かりやすいプランと充実したサービス
四つのシンプルなプランに最初から付いているSMSとテザリング、音声通話プランではさらに着信転送・割込通話・番号通知リクエストの三つのサービスまで無料で付いており、基本はしっかり押さえています。またセキュリティー面やサポート面でも他社と連携し、強化を図っているため安心感が大きいというのも魅力です。

 

参照:格安SIMフリーの選び方

 

追随するOCNモバイルONE

データ通信容量を大幅に上げ、月額700円払えば音声通話も可能、五つの基本プランは状況に応じて変更できるなど、非常に自由度の高いSIMです。値段は少々高めですが、業界シェアNO.1の実績は伊達ではありません。

 

柔軟に使える五つのプラン
データ通信容量は基本的に「1GB/月」というようにプランが提供されていることがほとんどです。しかしOCNモバイルONEは、「110MB/日」という一日で換算したプランも提供し、幅広い利用者のニーズにも応えています。その他のプランは「170MB/日」、「3GB/月」、「5GB/月」、「15GB/月」となっています。プランは毎月一回変更することが可能なので、その都度自分の状況にあったものを利用することができます。

 

通話料がさらに安くなる「050 plus」
「050 plus」はOCNモバイルONEの音声通話対応SIMを契約すれば自動的についてくるアプリです。このアプリの強みは通話料金が通常よりも非常に安くなるところにあります。通常の通話料金は「20円/30秒」となっていますが、「050 plus」で電話かけると固定電話への通話は「8円/3分」、携帯電話だと「16円/1分」となります。通話にここまで安い料金を提供しているSIMはこれだけなので、通話利用が多い方にはうってつけです。

 

一契約で使えるSIMは最大5枚
OCNモバイルONEでは一契約につき、最大4枚までSIMカードを追加することができます。つまり全部で5枚のSIMが利用できるわけです。そのため申し込んだプランをスマートフォン、Wi-FiルーターやUSB端末、タブレットなどで共有することができます。低価格でも複数契約するとその分高くなりますが、共有して使うことで余計な費用も出ませんし、何よりデータ容量をフル活用することができます。

 

OCNモバイルONEは柔軟性と通話の安さが便利
状況に応じてプランを変更できることと複数SIMで1つのプランを共有できるという非常に高い柔軟性を持っています。また「050 plus」を利用した通話料金の安さはまさに圧倒的です。データと通話をうまく使いこなしたいという方におすすめです。

 

プラン数最多DMM mobile

業界最多のプラン数と業界最安値と言われる料金設定で、発売当初より高い人気を誇るSIMカードです。8G以上で契約を結べば家族との共有が可能になり、一世帯での通信料金を大幅に減らすことができます。

 

低価格な14のプランとシェアサービス
DMM mobileは、「1G」、「2G」、「3G」、「4G」、「5G」、「7G」、「8G」、「10G」と幅広いプランを提供しており、データ通信のみならず音声通話にも適応させることが可能です。料金も最低価格が660円と非常に安く設定されています。8G以上のプランを契約すると最大3枚までSIMカードを使用でき、家族間でデータ容量を分け合うことができます。また余ったデータは翌月に繰り越すこともできるので、データ容量が無駄になりません。

 

容量を使い切ったときの救済サービス
高速データ容量を使い切ってしまうと通信速度が極端に遅くなります。ちょっとしたものでも読み込みに時間がかかるので非常にストレスになりますが、DMM mobileにはバースト機能がついておりこれを利用することで通信開始時の一定量だけ高速通信が可能になります。バースト機能だけではまかなえない場合は追加チャージで容量を増やすことができ、3カ月間利用できます。

 

セキュリティーと端末交換
DMM mobileはセキュリティーソフト(350円)と端末交換オプション(250円)を提供しています。個別に利用することも可能ですが、最大のポイントはセットで加入することができ、料金が500円と個別で加入するより安くなります。さらに最初の2カ月間は300円で利用できるので非常にお得です。

 

全体的な料金が安くサービスも充実
プランの豊富さと、データを使い切ってしまったときの救済措置、セキュリティーや故障時の保障がついているので安心して使えるのが魅力です。加えて料金設定がリーズナブルなので、使いやすいSIMといえます。

 

まとめ

規格の制約があるため、auユーザーはUQ mobiledocomoユーザーはOCNモバイルONEやDMM mobileを選ばざるをえません。新たに端末を購入するのであれば、シンプルなプランを提供し、最初から複数のオプションがついていて通信速度もそれなりに安定しているUQ mobileを選んでおくとよいでしょう。
しかし、どのSIMでも一長一短はあるため、MVNO格安スマホ人気ランキングなどで十分に比較して自分にあったものを選ぶことが重要です。

 

更新履歴